法定相続人

法定相続人とは

誰が相続人になれるかは、民法で決められています。
民法によって定められた相続人を「法定相続人」と言います。
 
残された親族が誰であるかによって、相続できる人と相続できる割合が異なってきます。 
 
亡くなった方と親族であったとしても、必ず相続人になれるわけではありません。
 
配偶者は必ず法定相続人になりますが、配偶者以外の法定相続人の優先順位は、子→直系尊属(父母・祖父母など)→兄弟姉妹となり、その割合は下表の通りとなります(ただし、昭和55年以前に発生した相続については、相続分が異なるケースがありますので、注意が必要です)。 
 
残されている人 相続分 (表にします)
亡くなった方に配偶者と子がいる場合 
配偶者・子ともがに1/2ずつ相続します 
 
亡くなった方に配偶者と父母がいる場合
(子はいない) 配偶者が2/3、父母が1/3を相続します 
 
亡くなった方に配偶者と兄弟姉妹がいる場合
(子も父母もいない) 配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4を相続します 
 
亡くなった方に配偶者のみいる場合
(子も父母も兄弟姉妹もいない) 配偶者が全てを相続します 
 
亡くなった方に配偶者がいない場合で、子・父母・兄弟姉妹いる場合 子供が全てを相続します 
 

相続について詳しくはこちら

・相続

 

・相続の流れ

 

・借金まで相続しないといけないの?(相続放棄)

・法定相続人

 

・遺産分割の方法

 

・遺留分について

・寄与分・特別受益

 

・任意後見契約とは

 

・成年後見制度とは

・後見人の選び方