相続の流れ

一般に相続手続きの流れは、以下のようになります。
 
被相続人が死亡(相続の開始)
・通夜、葬儀、告別式を行う。
 
     
7日以内
・死亡届を提出する。
・死体火葬許可申請書を提出する。
 
     
14日以内
・世帯主変更届を提出する。
・銀行預金の封鎖、各種名義を変更する。(公共料金等)
・遺言書の有無を確認する。(公正証書遺言検索サービス等)
 
      
3ヶ月以内
・相続人調査を行う。(→相続関係説明図作成)
・相続財産・負債を調査する。(→財産目録を作成する)
・特別代理人を選任する。(相続人の中に未成年者がいる場合)
・相続放棄・限定承認の手続きをする。
 
 
4ヶ月以内
・被相続人の準確定申告を行う。
 
 
10ヶ月以内
・相続財産を確定、評価する遺産分割協議を行う。
・遺産分割協議書を作成する。
・財産の名義変更をする。
・相続税の申告・納付する。
 
     
 12ヶ月以内
・遺留分減殺請求申立を行う。
期間を過ぎるとできなくなるものがありますので、ご注意ください。

 

相続について詳しくはこちら

・相続

 

・相続の流れ

 

・借金まで相続しないといけないの?(相続放棄)

・法定相続人

 

・遺産分割の方法

 

・遺留分について

・寄与分・特別受益

 

・任意後見契約とは

 

・成年後見制度とは

・後見人の選び方