相続分の指定

 相続分の指定とは、被相続人が、遺言によって、法定相続分の割合と異なった相続分を定めることをいいます。被相続人自ら相続分を定めることはもちろん、相続分を定めることを第三者に委託することもできます(民法902条1項本文)。

 注意を要するのは、相続分の指定によっても、共同相続人の遺留分を侵害することはできないとされていることです(民法902条1項但書)。したがって、ある相続人について遺留分も失わせたいというような場合には、その相続人を廃除する必要があります。

 もっとも、判例によれば、遺留分を侵害するような指定であっても、当然にその指定が無効になるわけではなく、遺留分権利者による遺留分減殺請求の対象となるにすぎないとされています。