自筆証書遺言

 自筆証書遺言とは、遺言者が、①遺言の全文、日付及び氏名を自書するとともに、②これに印を押すことで作成する遺言をいいます(民法968条1項)。

 遺言の中では最も簡易に作成することができる遺言であり、遺言作成の事実そのものを秘密にすることができるというメリットがありますが、他方、遺言の効力が争われる可能性が他の形式の遺言よりも高い、紛失のおそれがあるといったデメリットもあります。

 自筆証書遺言の詳しい内容については、こちら