企業法務

企業が組織としてその活動を行う中では、企業の内部・外部双方において様々な法律問題が発生し、これらの法律問題を適切に対処するために知っておくべき関係法規は多岐にわたります。

企業内部の問題として、従業員との関係は労働法など、株主との関係や組織変更等は会社法などが規律しています。また、会社外部の問題として、取引先との関係は民法や商法など、競合他社との関係は著作権法や商標法などが規律しています。これらの関係法規は、比較的頻繁に起きる法律問題についての代表的なものにすぎず、実際には、上記に関連して、さらに多くの法規を検討する必要があります。

これらの問題について、すべて一から問題の内容と関係法規を検討していては、迅速な経営判断が難しくなりますし、実際に問題が発生した場合でも、これらの問題にだけ拘泥していては、新たなビジネスチャンスを逸することになります。紛争の事前防止についても、発生した紛争の処理も、企業活動においては迅速かつ適切に対処することが求められています。

弁護士に相談するメリット

弁護士は、契約や債権回収、労働問題の専門家として、事前にトラブルを回避するためのアドバイスを行うとともに、発生した法律問題に対して迅速・適切に対応することができます。法律問題については弁護士にお任せいただくことで、本来の事業に集中してビジネスチャンスを掴むお手伝いをいたします。