グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の間の金利のことを言います。

金銭消費貸借における民法上の上限金利は、以下のように利息制限法で定められています。 
 
元本 金利 
10万円未満 年20% 
10万円以上100万円未満 年18% 
100万円以上 年15% 
 
一方、出資法という法律では、貸金業者が上限利率29.2%を超えた場合に刑事罰(5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金またはこれらの併科)の対象になると定められています。
 
利息制限法を守らなくても、罰則規定はありません。
 
貸金業者は、出資法を守っていれば罰則を受けることはないので、これを利用して利息制限法を上回った金利で貸付をしてきたのです
 
 
しかし、利息制限法を上回る金利による貸付は,出資法による罰則の適用がないというだけであって,利息制限法に違反する違法な貸付であることに変わりはありません。
 
違法な貸付である以上,違反する部分(利息制限法の上限利率を超える部分)の返還約束は,法律上当然に無効になるという最高裁判決が出ました。
 
この最高裁判決が出た後、過払い金の返還請求が簡単になったのです。
 

債務整理について詳しくはこちら

・借金問題でお悩みの方

 

・過払い金返還請求とは

 

・任意整理について

・自己破産について

 

・個人再生について

 

・グレーゾーン金利とは