自己破産ができる場合

自己破産は手続きをすれば、すぐに借金が帳消しになるわけではありません。裁判所の審理を経て免責が許可されなければいけません。免責許可が確定されますと債務は帳消しになり、自己破産の手続きは完結いたします。

 

しかし、免責は必ず許可されるわけではなく、免責不許可事由に該当してしまうと免責は不許可となり債務は帳消しにはならないのです。

 

免責許可が決定した後は、2週間以内に債権者から高等裁判所に不服の申立(即時抗告)がなければ、債務者の免責が確定(借金が帳消しになります)します。多くの場合、不服の申立はよほどのことがない限りありません。

 

免責許可が下りたら

免責許可が確定されると税金や慰謝料などの一部の債務の支払義務を除き、借金が帳消しになり、ローンやクレジットを利用できない点を除き、自己破産申立以前の状態に戻ることになります。