法定離婚原因

法定離婚原因とは、裁判離婚が認められるために必要な事由をいいます。

民法770条1項は、法定離婚原因として、次の5つを定めています。

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  3. 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき