私たちの目指すリーガルサービス

司法制度改革で弁護士の人数が増えても弁護士を身近に感じないという印象が強いのですが、御事務所の場合は開設の趣旨からも身近なリーガルサービスを目指すという意思がうかがえますが、この点についてお話しください。

interview1.jpgまだまだ「法律事務所は敷居が高い」とお考えの方も多いですね。実際、今でも「相談してよいものか悩んだ」とか「相談に来る際には、とても緊張した」と仰る方もおられます。このような状況の中で「なぜ、身近に感じてくれないのか」「もっと身近に感じて下さい」と言っているだけでは駄目であって、弁護士の側で皆様に身近な存在であると感じていただく努力をする必要があるのだろうと思います。

今、ご指摘いただきましたとおり、私たちは、より身近なリーガルサービスを目指すというコンセプトから、当事務所を開設しました。幸いなことに、これまで、多くの方から「気軽に相談できた」「安心して相談できた」「もっと早く相談にくればよかった」というお言葉をいただいております。今後も、さらに多くの方に身近なリーガルサービスを提供できるよう努力して行きたいと考えております。

お客様の相談しやすい場所(川崎駅直結1分)を選択されたのも「身近なパートナー」でありたいというお考えからでしょうか。

はい。まさにそのとおりです。

「身近なパートナー」というときには、心理的な側面と物理的な側面とがあると思うのです。日常起こりうるちょっとしたことでも気軽に相談できるとか、急な出来事の際にためらうことなく相談できるというのが、心理的な「身近さ」です。一方で、ちょっと相談してみたいと思っても、アクセスが悪かったり、事務所を探すのが難しかったりすると、相談に行くというだけでご苦労をかけさせることになりますし、ひいては、そのことが相談をためらう原因ともなりかねません。 

当事務所は、JR川崎駅からも京急川崎駅からも近く、いずれの駅からも地下街アゼリアと直結していますので、雨の日にも濡れることなく事務所までお越しいただけます。このような物理的な身近さも「身近なパートナー」であるためには重要な要素になると考え、現在の場所を選択しました。

医者に行くのに半休というのは社会的に認知されていますが。法律事務所に行くのに半休というのはなかなか言い出せないような気がしますので、お仕事をされている方にとっては平日・土日祝・夜間21時まで相談可能というのは非常に便利だと思いますが、この点については今後も続けて行く予定でしょうか。

今後も続けて行く予定です。

ご指摘のように、特にお仕事をされている方にとって、平日日中に当事務所までお越しいただくのが難しいことが多いです。また、お仕事をされていなくても、お子様がまだ小さく、平日にお越しいただくことができないので、ご家族のいる休日に相談したいという方もおられます。「相談したくても、時間的にできない」という事態は避けなければなりません。当事務所は弁護士3名が在籍しておりますので、今後も、相談日時について幅広いニーズにお応えして行きたいと思います。

現在はどのようなご相談内容が多いのでしょうか。また、こんな方には是非ご利用いただきたいというものがあればお聞かせください。

質問前半

特定の分野に関する相談が多いということはあまりないです。債務整理に関する相談を始め,離婚,相続,交通事故,賃貸借契約に関するトラブルなど,日常生活に伴って生じる相談が多いです。

質問後半

先ほどの「身近なパートナー」でありたいということと関連しますが,今お悩みを抱えている方はまずは早い段階で法律相談をご利用いただきたいと考えています。法律相談では,自分が抱えている問題が法律問題かどうかがわからない状態でもかまわないですし,法律相談をしたからといって必ず依頼しないといけないというわけではありません。当事務所では,まずは気軽に法律相談をご利用いただき,少しでも問題解決に役立てていただきたいと思っています。それが当事務所が考える「身近なパートナー」でありたいということなのです。

当事務所では,法律相談というのは,法律問題の回答を示す場という側面よりも,今抱えているトラブルの問題点を整理するという側面が重要だと考えています。実際,法律相談をしていると,問題点を整理するだけで解決に向けた方向性が見えてくることもあります。また,相談者の方が意識していない問題点が判明し,これまで考えていたことを修正できることもあります。そして,何よりも1人で悩みを抱えている方は,まずは他人に話を聞いてもらうというだけで心理的負担が和らぐということもあるので,まずは法律相談をご利用いただきたいと思っております。

最後にこのホームページを見て御事務所にご依頼しようと思っている方に一言ご挨拶をお願いします。

interview2.jpg当事務所のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

人が他者と交わりながら社会生活を送る以上、誰もがトラブルに巻き込まれる可能性がありますし、また、将来のことで何かを決断しなければならないこともあります。そのような時に、私たち弁護士が皆様の良きパートナーとして少しでもお力になれれば幸いです。

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

インタビュー:問題解決できるホームページ(http://www.1980.jp/)