法定労働時間

 法定労働時間とは、労働基準法32条で定められた労働者の1週間、1日の最大労働時間をいいます。

 労働基準法32条1項は「使用者は労働者に休憩時間を除き1週間について40時間を超えて労働させてはならない」と規定し、同条2項は「休憩時間を除き1日について8時間を超えて労働させてはならない」と規定しています。したがって、1週間で40時間、1日8時間が法定労働時間となります。

 ただし、商業、映画演劇業、接客業の常時10人未満の労働者を使用する事業については、例外として、法定労働時間は1週間で44時間となっています。

 法定労働時間を超えて働くと「時間外労働」となります。