調停離婚

当事者間で話し合いができない場合,話し合ったものの離婚や離婚の条件について合意ができない場合には,家庭裁判所にいわゆる離婚調停を申し立てることになります。
調停では,男女2名の調停委員が選任され,当事者双方の間に立って,個別に事情を聴き,調整を図っていく,という形で話し合いが行われます。
こうした形で話し合いをした結果,当事者間に合意ができれば,調停成立となり,離婚が成立します。
逆に,調停で話し合いを重ねたものの合意ができる見込みがない場合には,調停は不成立となり,終了します。調停が不成立となった場合,離婚を求める配偶者は,家庭裁判所に離婚の訴訟を提起することになります。