裁判離婚

調停離婚が成立しなかった場合,離婚を求める配偶者は,他方の配偶者を被告として,家庭裁判所に離婚の訴訟を提起することになります。
協議離婚調停離婚では,離婚に至る経緯がどんなものであれ,当事者間に離婚について合意ができれば,離婚が成立します。
これに対して,裁判離婚の場合には,民法770条1項各号に定められた離婚原因が必要で,しかも,離婚の訴訟を提起した配偶者は,その訴訟において,離婚原因が存在することを主張・立証する必要があります。