裁判員裁判

 裁判員裁判とは、一定の重大事件について、国民の中から選ばれた裁判員がその刑事手続に参加して、①事実の認定、②法令の適用、③刑の量定(この3つを「裁判員の関与する判断」といいます)を裁判官との合議によって決める制度をいいます。

 すなわち、裁判員裁判は、一般国民である裁判員が、これまで職業として専門に裁判を行ってきた裁判官(これを「職業裁判官」といいます)とともに刑事裁判の合議体となって、「被告人は有罪か、それとも無罪か」、「被告人を有罪とした場合に、刑罰の重さをどの程度にするか」について、職業裁判官と話し合いをして決める制度です。

 裁判員裁判は、国民が刑事裁判に参加することで、国民の刑事裁判に対する理解を増進するとともに、刑事裁判に対する国民の信頼を向上させることを目的として作られ、平成21年5月21日からスタートしました。

 これまで刑事裁判とは無縁であった一般国民が、裁判員として刑事裁判に関与することで、刑事裁判が多くの一般国民にとって身近な問題となります。これにより、国民の刑事裁判に対する理解と信頼を向上させるために、裁判員制度は作られました。

 俗に「裁判員法」と呼ばれる「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」は、その第1条で、「この法律は、国民の中から選任された裁判員が裁判官と共に刑事訴訟手続に関与することが司法に対する国民の理解の増進とその信頼の向上に資することにかんがみ、裁判員の参加する刑事裁判に関し、裁判所法(昭和22年法律第59号)及び刑事訴訟法(昭和23年法律第131号)の特則その他の必要な事項を定めるものとする。」と規定しています。