告訴

告訴の意義

 告訴とは、捜査機関に対して犯罪事実を申告し、その処罰を求めることをいいます。

 つまり、告訴は、警察や検察といった捜査機関に対して、①犯人が、いつ、いかなる犯罪を犯したのかを特定した上で、②その犯人を刑事裁判によって処罰することを求める意思を表示するものです。

告訴権者 ー 誰が告訴できるか

犯罪被害者

 刑事訴訟法230条は、告訴権者すなわち告訴ができる者について「犯罪により害を被った者」と規定しています。犯人から暴行を受けて怪我を負った者、犯人に物を盗まれた者のように、犯罪によって直接被害を被った被害者が告訴をすることができます。

法定代理人など

 犯罪被害者に法定代理人がいる場合には、その法定代理人は、犯罪被害者から独立して告訴をすることができます(刑事訴訟法231条1項)。

 また、犯罪被害者が死亡した場合には、犯罪被害者の配偶者、直系の親族又は兄弟姉妹が告訴をすることができます(刑事訴訟法231条2項本文)。ただし、この場合の告訴は、被害者の明示した意思に反することができません(同項但書)。

告訴と類似のもの ー 告発・被害届

 告訴に似たものとして、告発被害届があります。

 告発は、犯罪事実を申告して処罰を求める点で告訴と同じですが、告訴の場合の告訴権者のような規定はなく、犯罪があると考えたときに誰でも告発をすることができる点で告訴と異なります(刑事訴訟法239条1項)。

 また、被害届は、単に犯罪事実を申告するだけで、告訴・告発のように犯人の処罰を求める意思は含まれません。