コラム・法律相談Q&A(相続)

Q  遺留分という権利があると聞いたのですが,どのような権利なのでしょうか。

 

A 遺留分とは,一定の相続人に法律上確保された相続割合のことを言います。

 例えば,父,母,長男,長女という4人家族で,父が,長男に対して,遺産の全てを相続 させるという遺言を残して亡くなったとします。

 この場合に,遺言の内容通りということになれば,父の相続財産は全て長男に引き継がれ,母と長女は相続できないということになります。

 しかし,このような場合に,母と長女は,長男に対して,相続財産の一定の割合を請求することができ,これを遺留分と言います。

 この場合,遺留分の割合は,相続財産の2分の1×法定相続分ということになりますので,母と長女は,それぞれ相続財産の4分の1の遺留分を有するということになります。

 このように,遺言などによって自分の遺留分を侵害されている場合に,一定の割合を戻せという権利を遺留分減殺請求権といいます。