Q&A「養育費の請求について」

Q.夫と離婚する際に,子どもを引き取るために養育費は請求しないという約束をしました。しかし,その後収入が減ってしまい生活が苦しくなってきました。この場合,元夫に養育費の請求をすることができるでしょうか。

A.養育費の請求は可能です。

まず,養育費の請求をしないという約束は,法律的に2つの側面を有します。
1つ目は,子どもが親に対して有する扶養料の請求権を放棄するという側面です。この扶養請求権は放棄することは許されないとされています(民法881条)。したがって,離婚の際にした養育費請求しないという約束は,無効と解されます。
2つ目は,夫に養育費の請求をしないという約束を,父と母の間で父の負担割合を0とすることに合意したものと考える場合です。この場合,その効力は父と母との間では有効となりますが,子どもとの関係では,その合意が必ずしも拘束力があるわけではありません。子どもが,扶養してもらう必要がある状態にある場合には,子ども自身が父に対して扶養料を請求することは妨げられないとされています。

 

なお,養育費の分担の割合について父と母との間に合意がある場合,その合意の妥当性にが問題となり,①その内容が著しく子の不利益で子の福祉を害する結果となるときは,子の扶養料請求権は,その合意に拘束されることなく行使でき,また,②合意後に事情の変更があり合意内容を維持することが実情に沿わず公平に反するに至ったときは,扶養料の請求や増額請求ができると解されています。